熊野那智大社
那智の滝と火祭り
那智山青岸渡寺
熊野古道大門坂
那智山観光センター
アクセス
運航時間(営業所案内)
運航状況
瀞峡案内の詳細
コース案内
インターネット特割クーポン
ミニ体験百夜月コース
瀞峡動画
時刻表、運賃表
運行系統図
運行状況
営業所案内
大門坂と那智山めぐり
熊野三山めぐり
インターネット特割クーポン
観光名所案内
運行状況
営業所案内
地元発着バスツアー案内
営業所案内
貸切バス案内
営業所案内
熊交商事(株)
瀞峡めぐりの里 熊野川
潮岬観光タワー





 《世界遺産登録》 定期観光バス コースご案内 
 熊野三山・熊野古道が「紀伊山地の霊場と参詣道」として平成16年7月7日に世界遺産に登録されました。定期観光バスは、熊野本宮大社・熊野速玉大社・熊野那智大社及び青岸渡寺の熊野三山を巡る「熊野三山コース」と熊野古道大門坂の雰囲気を味わっていただき那智山を巡る「熊野古道大門坂と那智山めぐり」のコースとなっております。
世界遺産登録の那智山めぐり・熊野三山めぐり定期観光バス
熊野古道大門坂と那智山めぐり観光バス
西暦700年頃から現在まで日本人の間で息づく熊野信仰。かつてこれほどの長い年代に渡り多くの人々に信仰されたものが存在したでしょうか?
 熊野の人々は、険しい山と美しい川や海と共に暮らし、古くから山や滝、巨岩、巨石、巨木などに神々が宿ると信じて崇めてきました。
 神武天皇が東征の際、この地に上陸し、那智の滝に大巳貴神を祀り八咫烏(やたがらす)の案内で山々を越え大和に入ったとされています。その後、仁徳天皇の時代に那智の滝より社殿を現在の那智大社に移し、仏教の伝来とともに神仏習合の信仰が広まり、「蟻の熊野詣」と言われるほど多くの人々に信仰されました。熊野那智大社、那智の大滝、青岸渡寺等を総称して「那智山」と呼びます。
世界遺産登録、熊野三山めぐり定期観光バス
なぜ人々は熊野を目指したのか…皆さん自身が熊野三山をめぐり、いにしえの人々のように確かめて頂ければ答えが見つかるかもしれません。
 熊野の人々は、険しい山と美しい川や海と共に暮らし、古くから山や滝、巨岩、巨石、巨木などに神々が宿ると信じて崇めてきました。
 長い年月を経て熊野地方では、神の坐する聖地として、熊野本宮大社、熊野速玉大社、熊野那智大社がその地位を上げていき、平安時代に仏教の渡来に伴い、神仏は一体化され権現と称されるようになります。
 浄土信仰に救いを求めた人々にとって、熊野は浄土の地として信仰を集め、特に熊野本宮大社の本地仏「阿弥陀如来」は一度は拝みたい仏様として、もてはやされることとなります。
定期観光バス・インターネット特割チケット
お得な特割クーポンは、こちらからどうぞ。
定期観光バス・インターネット特割チケット
会社案内プライバシーポリシーリンクお問い合わせ

メールによるお問い合わせが土日・祝日を挟んだ場合、ご回答までに数日かかる場合がござい ます。 予めご了承ください。

COPYRIGHT (c)KUMANOKOTSU CO.,LTD. ALL RIGHTS RESERVED.